2月23日は富士山の日

 2月23日は語呂合わせでフ・ジ・サンの日です。富士山の日が制定されたのは1996年の事。パソコン通信「NiftyServe」内のフォーラム「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP)」が制定しました。これとは別に、山梨県河口湖町が2001年12月に制定したそうです。この日が選ばれたのは語呂合わせのほかに、この時期、雪に覆われた富士山が1番きれいに望めるからと言うこともあるようです。
 環境NPO富士山クラブでは、毎年恒例の富士山の日に因んで、2月23日と25日に富士山の自然環境保全を考えるシンポジュームを開催します。2月23日(水)は「お江戸と富士山」と題し、特別ゲストに富士山クラブ理事の女優・冨士眞奈美さんを迎えて、富士山に因 んだ江戸時代の「文化」「歴史」「暮らし」の話を聞きながら、日本人にとって"かけがえのない宝物"である富士山を、楽しく考えるシンポジウムになりそうです。25日(金)は「富士山問答」と題して、環境大臣・小池百合子さんと、富士山クラブ理事のアルピニスト・野口健さんをゲストとして招き、富士山クラブの取り組んできたトイレ問題や、不法投棄ゴミ問題解決のための活動をあげながら、富士山の現状を認識し、いま取り組むべき課題を話し合うようです。
 山梨県河口湖町では、2月19日(土)から27日(日)までを富士山の日ウィークとして、「花火大会」や恒例の「大焚火」、「3776本のエコキャンドル」や「湖上キャンドル」など、参加型のイベントを企画しているようです。詳しくは富士河口湖総合観光情報サイトをご覧下さい。